back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスではオーガニックをBiologique(ビオ)と呼び、ABマークがついています。
この車にもついてますね!


我が家でも、幾つかのものは常にビオのものを買います。
オリーブオイルや

タマゴ

バナナ

などです。

特にヨーロッパのタマゴは消毒しないので日本みたいに生で食べられないし、安いタマゴだとケージの中でウロウロするだけのストレスいっぱいのタマゴだと聞いたので、必ずオーガニックモノを買います。(オーガニックだと放し飼いです。)
イギリスだとfree rangeと書かれていますが、フランス語だとplein airと言うのが放し飼いのモノです。
以前一度だけビオのタマゴがなくてこちらを買いました。

放し飼いかどうかは必ずチェックです。
この前すき焼きを食べに行った時も、タマゴは生で出てきましたが、温かいタレの中にいれて生では食べませんでした。

日本に帰ったらすきやきで生タマゴ食べたいなぁ。そしてみなさま、生タマゴで食中毒にならないようにお気をつけください!大好きなタマゴを今日も美味しく食べたいです☆
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。